2009千葉なの花ジュニアテニストーナメント

【結果】
 「小学生・低学年・男子」「小学生・低学年・女子」「小学生・高学年・男子」「小学生・高学年・女子」
 「中学生・男子」「中学生・女子」「高校生・男子」「高校生・女子」
 


 3/27 蕾がほころび始めた桜並木
 
3/27 暖かい日差しだったので
お花見がぼちぼち始った

3/31の桜 
 
4/3なの花ジュニア最終日
14:00頃、沢山の方が花見をしていた

入賞者のご紹介 詳細な結果は各種目をクリックしてください。
小学・低学年・男子の結果> (3/22 青葉の森)

左から、優勝:白石 光君(AJTA
        準優勝:松山 太朗君(TOPインドアTS亀戸)
           3位:義元 一生君(AJTA)
             4位:尾形 桐弥君(きさらづアウルTC)

 強風が吹きまくり、午後はいつ雨が降ってもおかしくない、荒天の中行われた。

【決勝】 松山太朗 5―6 白石 光
強風の中で行われた試合だ。
松山君はかなり厚いグリップからのフォアが持ち味。スピードの強弱、角度、スピン量、高低といろいろ打ち分け、ゲームを支配して3−0とリードする。両手バックのスライスも良かった。

深いボールを返球し続ける白石君は、次第にフットワークでも能力を発揮してきた。風上からの執拗な相手ムーンボールに対して、1球1球十分後退して打ち、またベースラインに戻る。ミスも減ってきた中盤で3−3に追いつき、4−3と逆転した。

中盤以降、白石君の手堅いプレーと動きの良さに、松山君は鋭いショットや攻撃パターンで得点もするが、ミスが出始めた。

5−5になって、あと1ゲーム。手詰まりになった松山君は、全ポイントをウィナー狙いのショットを打つ。しかし、全てネットやアウトで失点。ラブゲームで白石君の勝利だ。
ウィナーズスピーチでは「優勝できてうれしいです!」と。

【3位決定戦】 義元一生 6―2 尾形桐弥
 
小学・低学年・女子>(3/26 青葉の森)

左から、優勝:石倉 奈央子さん(志津TC)
       準優勝:佐藤 南帆さんTOPインドアTS亀戸
         
3位:千葉 有紗(殿山TG)
           4位:平沼 莉緒奈(ニッケ八千代)
今日は気温が低く風も強い。それでも、陽が差す日中は暖かい。

【決勝】 石倉 奈央子 6―5 佐藤 南帆
試合は強風の中で行われた。

両選手とも左右両手打ちで、良く似たプレースタイル。
石倉さんがストロークで左右に揺さぶりコートを広く使えば、
一方の佐藤さんはより強打し動きが速い。

お互い、風下で大きく弾む難しいボールの処理などもでき、全体にミスの少ないゲームだ。

スピード・パワーともに互角で、1ポイントのラリー長い。
4-4まで
ほとんどポイント差のない接戦だ。

終盤、佐藤選手のストロークにオーバーやサイドアウトが少し多かった事が勝敗を分けた。

石倉さんは、「去年は1回戦負けだったが、今年は優勝できてうれしいです。」とスピーチした。




【3位決定戦】 平沼 莉緒奈 1―6 千葉 有紗
小学・高学年・男子>(3/27 青葉の森)

左から、
優勝:中野 佑哉君(I.T.T.C)
    準優勝:橋 翔希君(テニコミ千葉)
        3位:品 開君(殿山TG)
           4位:清藤 泰介君(TEAM PAL)

風もなく暖かい陽射し。今日は、絶好のコンディションだ。
【決勝】 橋 翔希 1―6 中野 佑哉
橋君はスピード十分のトップスピンのストロークで攻める。1球ごとに「アーッ!」と声を発し、気合いも充分だ。
中野君のフォアハンドストロークは、エッグボール系の良く跳ねるヘビートップスピンだ。

激しいラリー戦が続く。橋君が相手のヘビースピンをコントロールし損ねたり、何とかしようと先に厳しいコースを狙ってのミスがでる。ゲームは中野君の4-0となる。

高橋くんがより攻めのテニスをしてキープし4-1。

1ゲームを取られてから、中野君のフォアが少し振りきれない。橋君のハードヒットが安定してきた。互角の戦いになる。辛抱強くヘビースピンを打ち続け、長いデュースで中野君キープ。5-1。

最後のゲームで、橋君は狙いすぎてのミスもあるが、スピード・コースとよく攻める。中野君もしっかりと対応し、一進一退の接戦でデュースが続く。ついに、高橋くんのウィナーを狙ったストロークが無情にもアウトしてゲームセット。
中野君は小さくガッツポーズをした。初優勝だ。

スピーチで「チャンスでネットについた時のボレーが浮いてしまうので、ボレーをもっと良くしたい!」と。向上心があふれている。

【3位決定戦】 清藤 泰介 0―6 品 開


「小学生・高学年・女子」(3/28 青葉の森)

左から、
優勝:鈴木 春佳(プラムページTP)
       準優勝:今村 美木菜(オールサムズTC)
          3位:鶴田つかさ(千葉市少年テニス連盟)
            4位:桑田鹿乃子(あじさいインドアTS)

【決勝】 今村 美木菜 2− 鈴木 春佳
今村さんは、強いサーブで相手を揺さぶり、相手バックサイドへのストロークでポイントする。
鈴木さんはフォア・バックとも両手打ち。そしてフォアのストレートへの強打でポイントを取る。

相手弱点を突いた決め球をお互いが持っているため、両者ハードヒットのラリー戦にしては、1ポイントの時間が短い。

今村さんは、相手のハードヒットにハードヒットで対抗するのは、不利と考えたのか、1-4から作戦を変えロブを多用する。

鈴木さんは、今村さんのムーンボールをもフラットに左右に強打を繰り返す。ミスが多くて1ゲーム落とすが、最後は威力十分のショットで今村さんを圧倒して、うれしい優勝だ。

鈴木さんは、「初参加で優勝できて、うれしいです!」とスピーチ。



【3位決定戦】 鶴田つかさ 6―5 桑田鹿乃子
「中学生・男子」(3/30 青葉の森)

左から、
優勝:渋谷 和樹(麗澤中)
    準優勝:山沢 健太朗(麗澤中)
        3位:中島 直樹(麗澤中)
           4位:柏葉 貴裕(麗澤中)

【決勝】 
山沢 健太朗 1-6 渋谷 和樹
渋谷君はストロークにパワーが有り、攻めるテニス。

山沢君は、ゆるいトップスピンでつなぎ、相手のミスを誘うテニス。

山沢君のゆるいボールを、渋谷君が強いフォアで左右に打ち分け、ポイントを重ねる。サーブで崩してフォアハンドのショットで決めるのも得意なパターンだ。

0−3の時、山沢君はネットの出る戦法に変えたりしたが、渋谷君の一方的なゲーム展開になった。

同じ中学校同士の対戦を制して、渋谷君が優勝した。


【3位決定戦】 柏葉 貴裕 0-6 中島 直樹
 
<中学生・女子>(4/1 青葉の森)

左から、
優勝:安倍 由莉(麗澤中)
      準優勝:馬場 有希(麗澤中)
          3位:甲藤 朱美(麗澤中)
            4位:貝塚 琴美(秀明大八千代中)

【決勝】 馬場 有希 5-6 安倍 由莉
中学生・女子も同じ中学同士の対戦となった。
両者ともつなぐテニスだ。

安倍さんは足が速く、いい体勢で打つことが多く、ラリーの主導権を握っている。長いストローク戦の中で、時折ドロップショット交ぜたり、変化をつけたりして一方的なリードで5-1まで試合が進む。

しかし、1-5から開き直った馬場さんが、強いストロークを放ち挽回し始める。安倍さんが何とかしようと、コースへ攻めるとミスも多くなり、手詰まりの中挽回され5-5になる。

馬場さんに流れが来た様に見えたが、最後のゲームの1ポイント目でダブルフォールトをして、流れを切ってしまった。

最後は、安倍さんが逃げ切り、うれしい優勝だ。


【3位決定戦】 
貝塚 琴美 3-6 甲藤 朱美
「高校生・男子」(4/3 青葉の森)

ファイティングポーズで、左から
優勝:岩崎 翔太(柏陵高)
    準優勝:竹原 誠人(柏陵高)
        3位:井坂 祐利(稲毛高)
           4位:鎌形 諒太(稲毛高)
風もなくポカポカで、期間中最高の天気の中、決勝戦は行われた。
【決勝】 
岩崎 翔太 6-3 竹原 誠人
同じ高校同士の決勝戦となった。
長いラリーが続き、互角の戦いになる。

岩崎君は、粘り強いテニスで、プレースメント重視。左右に打ち分け相手のミスを誘うプレーだ。

竹原君は、長身からの強いサーブと、パワーのあるフォアのストロークで攻めてポイントするタイプだ。

3−3までシーソーゲームであったが、最後はミスの少ない岩崎くんが、この種目を制した。

ウィナーズスピーチで、「第1シードになっていたので、プレッシャーの中でプレーした。優勝できて良かった、うれしい!」と。


【3位決定戦】 
井坂 祐利 6-1 鎌形 諒太

「高校生・女子」(4/3 青葉の森)

左から、
優勝:高橋 彩乃(初石TC)
      準優勝:川上 咲子(A−one)
           3位:桐山 友紀子(柏陵高)
               4位:千葉 唯希乃
(柏陵高)

同じく、最高の天気の中で、今大会最後の決勝戦となった。
【決勝】 川上 咲子 1-6 高橋 彩乃
高橋さんは、サーブもストロークもパワフルだ。フォアの強打で動かし相手のバランスを崩す。

川上さんは、スピードは無いがショットの深さで、パワーに対抗する。

高橋さんが攻撃し、終始主導権を握る。
川上さんは深いショットで攻めるのだが、アウトで失点するパターンが多かった。

高橋さんの強いショットはスピードもスピンも十分だ。ガツンガツンと炸裂して、うれしい優勝だ。




【3位決定戦】 千葉 唯希乃 5-6 桐山 友紀子