2008千葉なの花ジュニアテニストーナメント

「詳細な大会結果」(工事中)

入賞者のご紹介 詳細な結果は各種目をクリックしてください。
小学・低学年・男子>(3/23 青葉の森)

左から、優勝:福地 翔太君(オールサムズTC
        準優勝:雲木 航太君(松原TS印西)
           3位:加藤 諒也君(松原TS印西)
             4位:山中 海斗君(ロイヤルSCTC)



【決勝】 雲木航太 5―6 福地翔太
雲木君は小さい身体全体を使ったスイングで、
攻めとつなぎのバランスが良く
負けん気やガッツを表面に出すタイプ。
一方の福地君は、トップスピンで攻めたりスライスでかわしたり
緩急をつけるのがプレーが上手。
長いラリーの応酬が続くが、雲木君は疲れてしまったのか
中盤からミスが出始める。
福地君が、最後まで攻めの気持ちを保ち、接戦を制した。

【3位決定戦】 加藤諒也 6―2 山中海斗
 
小学・低学年・女子>(3/26 青葉の森)

左から、優勝:斎藤 悠夏さん(オールサムズTC)
       準優勝:猪俣 莉々花さんフミヤエース市川TA
         
3位:安藤 夢茉(エールTA柏の葉校)
           4位:森 日菜子(初石TC)
【決勝】 猪俣莉々花 5―6 斎藤悠夏
両者とも基本となるトップスピンのストロークはミスしそうも無い。
その中で、猪俣さんの高い打点からフラットに叩きつけるストロークは、
フォアもバックも威力十分で、
エースやエース級のショットの連発だ。将来を予感させる。
一方、斎藤さんはフットワークが上手でスプリント力も十分だ。
当てるのが精一杯かと思える相手エース級のショットに、追いついて
スイングできるのところがこの年代で抜きん出ている。
5-5からの最後のゲームも、得意のフットワークを生かした斎藤さんが、
相手の攻撃ミスを誘い栄冠を手にした。

3位決定戦】 森 日菜子 0―6 安藤夢茉


小学・高学年・男子>(3/27 青葉の森)

左から、
優勝:松戸 秀生君(プラムページTP)
    準優勝:酒井 英吾君(プラムページTP)
        3位:成田 大樹君(TAC)
           4位:矢島 知樹君(セントラルTS長沼)


【決勝】 松戸秀生 6―5 酒井英吾
決勝戦の両者は同クラブ所属だ。
お互い手の内は十分知っている対戦だ。
バックハンドは両者とも基本的に片手のスライスで、
攻められると効果的なショットが打てず弱点となっている。
酒井君のフォアハンドストロークは、トップスピンの威力十分で
相手バックのミスを誘い大きくリードする。
リードされた松戸君は、バックへの執拗な攻めに対して
気持ちを強く保ち、片手バックのミスを抑えることと、
何とか相手のバックにコントロールする作戦を徹底した。
どんどん挽回した後の最後のゲームも、
松戸君の作戦は功を奏し、相手のミスで試合は終了した。

【3位決定戦】 矢島知樹 3―6 成田大樹


小学・高学年・女子(3/27 青葉の森)

左から、
優勝:松川 聖奈さん(オールサムズTC)
       準優勝:宇田川 真里さん(フットワークTC)
          3位:松田 亜沙美さん(TAC)
            4位:中村 香織さん(殿山TG)

【決勝】 宇田川真里 4―6 松川聖奈
32ドローのこの種目は1日で決勝まで行なった。
今日も、試合を1戦1戦勝ち上がっていく中で、
両選手が力をつけ成長していく姿を見ることができた。
準優勝の宇田川さんは、「1日に5試合もした事が無かった」との事。
厳しいが充実した1日になったようだ。
初めて経験するウィナーズスピーチが初々しかった優勝の松川さんには、
この優勝を自信にしてさらに上の大会を!と期待したい。

【3位決定戦】 中村香織 5―6 松田亜沙美
中学生・男子>(3/30 青葉の森)

左から、
優勝:鶴田 健人君(市川中)
    準優勝:野平 祐貴君(プラムページTP)
        3位:舩橋 誠君(専大松戸中)
           4位:近江 光君(Sinone T Co.)
決勝、3位決定戦は小雨の中決行された。
桜は満開だったが、あいにくの雨で記念写真はクラブハウスの
軒下で写した。

【決勝】 鶴田健人 6―3 野平祐貴
野平君は、隙あらばネットプレーを仕掛けるゲームスタイル。
効果的なサーブを武器に、サーブ&ダッシュを果敢に仕掛ける。
一方の、鶴田君はレシーブで小気味よくパッシングを放ったり、
足元へ沈めたり、深いロブなど揺さぶりをかける。
その揺さぶりに、途中から野平君のミスが目立ち始める。
相手の果敢な攻めを抑え、鶴田君のうれしい初優勝となった。
鶴田君談:
「野平君のサーブは回転もスピードも十分で手こずりました。
いままでこの大会に3回出場して、いつも1回戦負けだったので、
今回の優勝はすごく嬉しいです!」


【3位決定戦】 舩橋 誠 6―3 近江 光
 
中学生・女子(4/1 青葉の森)

左から、
優勝:米森 亜沙香さん(JITC)
       準優勝:宿谷 萌さん(TAC)
          3位:高橋 由依子さん(東京学館浦安中)
            4位:森田 莉絵さん(麗澤中)

【決勝】 米森 亜沙香 6―4 宿谷 萌
2−2、4−4と競ったゲームが続く。
次第に、米森さんに準決勝の時のような良いサーブが戻り、
フラット気味のストロークもミスが少なくなってきた。
一方、宿谷さんはセカンドサーブのリターン時など、
何でもない時に、手首でスピンをかけ過ぎてネットするというような、
アンフォースドエラーが出始めた。
米森さんは東京からの出場で、帰りの電車のなかでも
優勝の感激を味わい続けたに違いない。

【3位決定戦】 高橋 由依子 6―2 森田 莉絵
高校生・男子(4/3 青葉の森)

                           右から、
                 優勝:本間 裕章君(千葉南高)
             準優勝:梅田 洋輔君(稲毛高)
        3位:堀沢 知寛君(千葉英和高)
    4位:美馬 翔太君(千葉南高)
【決勝】 梅田 洋輔 2―6 本間 裕章
両者ともしっかりしたストロークで、良いラリーが続く。
勝敗を分けたのは、チャンスボールのさばき方だった。
準優勝の梅田君が、チャンスボールを決め急いで、
ネットやアウトのミスがあったのに対して、
本間君は甘い球を逃さずしっかり決めて、栄冠を手にした。

【3位決定戦】 美馬 翔太 5―6 深沢 知寛


高校生・女子(4/3 青葉の森)

左から、
優勝:本間 桂さん(薬園台高)
      準優勝:国吉 結花さん(千葉明徳高)
           3位:勝山 唯さん(市立千葉高)
               4位:福 美里さん(長生高)

【決勝】 本間 桂 6―5 国吉結花
国吉さんが自然体で何気なく打つストロークだがなかなか力強い。

それをまたしっかり打ち返す本間さん。
お互い、緩急をつけたり、ドロップショットを打ったり
互角の打ち合いが続く。
試合の流れや勝敗に影響したのは、お互いダブルフォールトか?
最後のポイント国吉さんのダブルフォールトが出て、
本間さんが接戦を制して、嬉しい優勝だった。

【3位決定戦】 福 美里 2―6 勝山 唯