2007「第9回千葉市小学生・第5回中学生テニストーナメント」


「結果(小学生)」「結果(中学生)」をUPしました。
記載事項に誤りが有る場合、ご連絡下さい。

募集要項をUPしました。
印刷してご使用ください。
印刷の際は、郵送済み原稿と同じサイズにするため、「ページの拡大縮小」の設定を「なし」にしてください。

入賞者のご紹介
小学生・男子の部(9/2、青葉の森コート)


左から
優勝土屋 純平君(みつわ台北小)        
      準優勝:大野 紘人君(若松台小)、 
             3位:町田 亮君(新宿小)
                  位:中村 悠也君(こてはし台小)   


決勝 土屋 純平君 −2 大野 紘人君
   第1シードの土屋君は、スピンのかかった安定したサーブ、そしてゆったりと身体全体を使ったフォアのストロークと一枚上手のテニスをする。
   大野君はよく動いて、ファイティング・スピリットむき出しで、相手主導の試合に食らいついていく。
   しかし、土屋君は動きが速く、ループのストローク戦からのチャンスボールは高いところ叩いて、確実にポイントする。昨年の3位から、今年はレベルアップしたテニスで優勝を手にした。
 「優勝できたのは皆さんのおかげです!」と、スタッフへのねぎらい、ご両親・コーチへの感謝など完璧なウィナーズスピーチ。
 
小学生・女子の部(9/2、青葉の森コート)


左から
優勝大河 真由さん(美浜打瀬小)        
      準優勝:鈴木 香菜さん(桜木小)、 
             3位:川口 真弥さん(高浜第3小)
                  4位:力石 優衣さん(新宿小)    


決勝 大河 真由さん −2 鈴木 香菜さん
   大河さんは、今年は第1シード。良く鍛えられたフットワーク、声を出しながら打つフラットのフォアハンドストローク、そして攻める気持ちが武器だ。最後まで、元気いっぱい攻めのテニスで押し切って優勝を手にした。これからは、ネットプレー、サーブのレベルアップが必要だ。
   鈴木さんは、フォアバックとも両手打ちで体も大きく、パワーテニスを予感させる。しかし、パワーテニスを抑えて、安全に返すことに終始した受けのゲーム展開では、大河さんの攻めを凌げない。今後のパワーテニスに期待したい。
「去年は3回戦負けだったのに、今年は優勝出来てうれしい!」と同じく感謝など述べて、完璧なウィナーズスピーチ。
中学生・男子の部(9/17、青葉の森コート)

左から
優勝鈴木 悌哉君(稲毛高附属中)        
      準優勝:藤原 祐人君(みつわ台中)、 
             3位:酒井 友輝君(加曽利中)
                  4位:栗並 慧君(みつわ台中)  
暑くて強風の中で行われた。 
決勝 鈴木 悌哉君 −4 藤原 祐人君
  第2シードの藤原君は「鈴木君をぜひ倒したい」との一念でこの大会に臨み、決勝まで勝ち上がってきた。藤原君はライジングでのカウンターショットとスライスなどのタッチテニスが得意。
   第1シードの鈴木君は、身体全体を使ったきれいなフォームから「ドカン!ドカン!」とファーストサーブとストロークを打ちこむパワーテニスだ。
  お互いに持ち味を発揮し、藤原君が先行し鈴木君が追いつく競ったゲームを展開する。終盤になってますます冴える鈴木君のパワーテニスに、抑えきれずに藤原君のミスが若干多くなってくる。
  「優勝しなければならない大会」と位置付けていた鈴木君は、僅差にみえたゲームを、気力をプラスして制し快心の優勝だ!
中学生・女子の部(9/17、青葉の森コート)

左から
優勝:古川 美沙さん(花園中)        
      準優勝:清水 麻里菜さん(朝日が丘中)、 
             3位:新岡 愛さん(こてはし台中)

暑くて強風の中で行われた。
決勝 古川 美沙さん −2 清水 麻里菜さん
   清水さんはクロスのストロークを武器に、スライス系の逆クロスのショットでエースを取るなど、決めのテニスが魅力。しかし、相手に凌がれると、決めたい気持ちが出過ぎ、惜しいミスや安易なミスで自滅するパターンになってしまったのが残念。
   第1シードの古川さんは、準決勝の激戦を乗り越えて決勝進出。決勝では序盤、前後の揺さぶりやクロスの深いボールに苦しんだが、次第に対応が上手くなり、ミスを抑えたクレバーなテニスを展開した。
  古川さんは、あえて格好の良いショットを選択せず、ボールを良く見てコントロールショットを打つところに「勝利への執着心」を見て、
「精神力のある選手」だと感じた。昨年は小学生の部を制し、今年の中学生の部も制し堂々の2連覇だ。